セブンイレブン限定グリーンスムージーの効果は?真相が判明

セブンイレブン限定グリーンスムージーの効果は?真相が判明

管理人のみどりです。

いつも当サイトをご覧頂きありがとうございます。

コンビニに売っているグリーンスムージーも様々な種類が登場し、最近ではローソンのものが注目を集めていますね!

>>  ローソン限定グリーンスムージーの口コミ

 

今回、コンビニ界のトップ、セブンイレブンでもグリーンスムージーを発見したので、そちらをご紹介させて頂きます。

 

セブンイレブンのグリーンスムージーの特徴は?

セブンイレブンのグリーンスムージー

セブンイレブンでは、全体的に、独自のプライベートブランドの確立に力を入れていることで、有名で、何となくでコンビニに入るならセブンイレブンがハズレが少ないと思っている人も多いと思います。

セブンイレブンの金(ゴールド)シリーズなどもそうですが、ほかのコンビニとは異なる独自のスムージーを出していました。

それでは、どんな特徴があるのでしょうか?大きく言えば、こんなかんじの特徴があります。

  • 人工甘味料なし
  • 栄養成分の表示がとても詳しい
  • 果物と野菜の味が強い

こんなかんじですね。商品の外見でいえば、ローソンとそこまで大きな違いはないようにも思えますけどね。

その中でも特にセブンイレブンのグリーンスムージーに特徴的なのは、人工甘味料が使われていなくて、かつ、栄養成分の表示が詳しいこと

人工甘味料が使われていないということもあり、とても詳しい栄養成分表示となっています。

 

たいていの場合には、グリーンスムージーは人工甘味料(アセスルファムカリウム、スクラロース)が入っています。ローソンの場合には、入っていました。

なのですが、セブンイレブンは、詳しい栄養成分表示と同時に人工甘味料無しでヘルシー志向のお客さんをターゲットにしたグリーンスムージーを開発しているということになります。

(※人工甘味料に関しては様々な病気のきっかけになるという報告もありますが、本サイトでは極力少ないものであれば、問題ないのでは?と判断しています。)

 

セブンイレブンと他社グリーンスムージーの価格帯と栄養成分は?

セブンイレブンのグリーンスムージーを他社のものと比較してみました。価格帯/成分などはこんなかんじです。

セブンイレブンと他社グリーンスムージーの価格と糖質量
内容量 価格(税別) カロリー 炭水化物量 糖質量
セブンプレミアム グリーンスムージー 190g 184円 78kcal 18.8g 17.5g
ローソン グリーンスムージー 200g 165円 80kcal 18.8g 不明
ファミマ(ドール社) グリーンブレンド 200ml 178円 128kcal 29.2g 不明
サンクス グリーンミックススムージー 220g 172円 109kcal 25.8g 24g

内容量

内容量に関しては、セブンイレブンの量が一番少ないです。とはいえ、わずか、10gなので、そこまで違いが実感できるほど少ないということでもないので、このあたりは心配しなくてもOKです。

 

価格

価格に関しては、人工甘味料を使っていなかったり、果物や野菜の味を強くしているためか、やや高いです。一番低いのはローソンですが、19円の差なので、そこまで気にしない人も多いかもしれませんが。

価格は高いものの、しっかりと、砂糖不使用な点と詳しい栄養成分のビタミン・ミネラルの分量まで記載されているので、安心面でいえばトップです。

食品の価格の王道として、人工甘味料を入れたほうが価格を抑えやすいという特徴があります。理由は人工甘味料は少量で強い甘みが得られるため少量の使用でOK。結果的に、安価になるということですね。

 

カロリー・炭水化物・糖質量

内容量が若干少ないとはいえ、低カロリー・低糖質目に抑えています。ダイエットの敵になる炭水化物や糖質。これらが少ないという点を考えるとコンビニでスムージーをダイエット目的で買うとしたら、セブンイレブンが一番おすすめですね。

 

セブンイレブンのグリーンスムージーの味は美味しいのか?

セブンイレブンのグリーンスムージーは美味しいのでしょうか

原材料は、多い順に

  • 野菜(にんじん、ほうれん草、小松菜、ケール)
  • 果実(バナナ、りんご、レモン、キウイフルーツ)

このようになっています。

味はバナナ風味にりんごとキウイの味が強く感じられ、後味にうっすらニンジンと葉物野菜を感じることが出来、中心となる味は、りんごとキウイとレモンの酸味で、非常に飲みやすいです!

後味の野菜味はうっすらケールか小松菜、そしてニンジンの風味程度ですので、一般的な市販の野菜ジュースを飲める方なら、難なく飲めるはずですよ。

砂糖不使用ということなので、その点はおすすめといえそうです。

 

セブンイレブンのスムージーのツイッターでの感想は?


ということで、けっこう、まずいというコメントもありました。理由は、野菜と果物の味を濃厚にしているから。

ローソンのほうが飲みやすいのは人工甘味料などの添加物をしっかりと使っているから。
良薬口に苦しっていいますけど、美味しさをもとめるのなら、ローソン、健康にいいものを求めるなら、セブンイレブンということになりそうです。

このあたりはニーズによって変わってきそうですね。

やや飲みにくくても健康にいいものというなら、今回紹介しているセブンイレブンのグリーンスムージーで決まりです!

スムージーブレンド グリーンミックス100

セブンイレブン限定で発売されているグリーンスムージーがこちら!スムージーブレンド グリーンミックス100になります。

パッケージを見ると、グリーンスムージーというよりも、フルーツジュースを推している感じがしますが、大丈夫かな?(笑)

でも、中身はドロドロした濃い緑色なので、グリーンスムージー効果が期待できます!

材料は、ぶどう・りんご・レモン・キウイ・大麦若葉・バナナが入っています。

大麦若葉が葉野菜なので、グリーンスムージーの中心役・・のはずが!?

飲んでみたところ大麦若葉の味が全く感じられない(笑)

パッケージに感じていた不安が見事的中しちゃいました・・

一口飲んで真っ先に思うことが、酸っぱい!!

キウイの味が全面に押し出されていて、大麦若葉の味が全然感じられず。

確かに、甘みがあってとっても飲みやすいのですが、これはグリーンスムージーというよりもフルーツジュースです。

グリーンスムージーの美容・ダイエット効果に期待して飲み続けても、効果はほとんど無いと思うので、ご注意を!

また、値段も168円と毎日続けるには少々お高め。

ダイエット目的でグリーンスムージーを飲んでいる方は、基本毎日飲むと思うので、168円の出費は痛いですよね〜

 

グリーンスムージーをダイエットに使うなら?

それでは、ダイエットを考えたときはどうなのでしょうか?

一般的な成人女性ですと1日の糖質摂取量の目安は200gとされています。

これには炭水化物などに含まれる糖質を含みますので、何も甘い物200gを摂っていなくともオーバーしてしまう可能性って高いです。

ちなみに、セブンのグリーンスムージーの糖質量は17.5gとなっていて、自作で20~30gの糖質量は結構な量です。

20~30gの糖質量って具体的にどれくらいかというと、同量程度(200ml)のオレンジジュースやグレープフルーツジュースなどの100%の物も20~30gの糖質量と一緒になります。

糖質制限や炭水化物オフを実践している人などはご存知かと思いますが、ダイエットにおいて、血糖値の上昇と糖質の摂取というのは非常にかかわりが深くて、血糖値の上昇は体脂肪の増加に繋がってしまいます。

当然、ダイエットをするなら糖質は減らすべきです。

 

今までの食生活で糖質過多であった人や過去に糖質にあまり意識を向けたことが無かった人であれば、軽めに糖質を抑えることはダイエットには効果的です。

このようなことを考えると、グリーンスムージーは健康的でダイエットにも効果的という意識で飲んでしまうと、太る可能性が高いということになります。

コスパ重視・低糖質なグリーンスムージーなら ミネラル酵素グリーンスムージーの方が価格も抑えられつつ、様々なアレンジにも使えますので、ダイエット実践中の方はこちらの方がオススメです!そちらを紹介しますね!

 

ダイエットや美容のためなら粉末グリーンスムージーでしょ!

ダイエットや美容のためにグリーンスムージーを飲むなら、粉末系グリーンスムージーがベストです!

その3つの理由を説明していきましょう。

 

葉野菜が豊富に含まれていて効果抜群

セブンイレブンのグリーンスムージー

グリーンスムージーにダイエットや美容効果があるとされるのは、この葉野菜が使われているから。

つまり、グリーンスムージーのポイントは葉野菜です!

葉野菜には、豊富なミネラルと酵素が含まれているので、ダイエットや美容に非常に効果的なのです。

私が愛用している粉末系のグリーンスムージーには、ほうれん草やキャベツ、かぶの葉などの葉野菜を含む、全200種の材料でできています。

当然、ダイエットや美容効果は抜群です。

ちなみにグリーンスムージーに効果的な葉野菜はこちらにまとめているので参考に。

>> グリーンスムージー効果を倍増するおすすめの葉野菜

 

簡単お手軽に作れるので手間にならない

セブンイレブンのグリーンスムージー

自宅でミキサーにかけて、作るのも良いのですが、『朝忙しくて時間が・・』という方も多いですよね?

また、多くの材料を毎回揃えるもの少し面倒です。

 

しかし、粉末系グリーンスムージーは、専用のシェイカーに粉末を入れて水を混ぜるだけ、10秒ほどで完成します。

いちいち材料を買いに行く必要も無いし、オフィスや学校に持って行って、空き時間に作ることもできるので、忙しい方にはおすすめです☆

 

コスパが非常に良い

グリーンスムージーとしての効果が高く、手間もかからないというのにも関わらず、粉末系グリーンスムージーはとっても安い!

1杯に換算すると、80円

セブンのグリーンスムージーが、1本168円だったことを考えると、とてもお得です。

 

以上が粉末系グリーンスムージーがおすすめの理由です。

私は、ミネラル酵素グリーンスムージーという粉末系グリーンスムージーを愛用しているので、試してみたい方はどうぞ。

 

まとめ

セブンイレブンのグリーンスムージー

セブンのグリーンスムージーは、美容やダイエット効果を期待するうえでは微妙です。

葉野菜が含まれていないし、毎日続けるには値段が高いですからね。

デザート感覚で楽しむならいいですが、毎日続けていくなら粉末系グリーンスムージーのほうが良いと思います。

 

 

こちらの記事もよく読まれています

本サイトでは以下の記事もよく読まれています!この機会にチェックしてみてくださいね!

>> スムージーの中でもダントツ圧倒的人気ランキングを発表!

>> コンビニ限定おすすめスムージーとその裏側を暴く

>> ローソングリーンスムージーのレシピを紹介と実際の効果

>> ローソン限定チアシード入りスムージーが人気すぎる

>> ローソングリーンスムージーの口コミや糖質&カロリーはこちら

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

当サイトでは管理人おすすめのグリーンスムージーをご紹介しています。

生活改善に繋がればSNSでいいねやRTしていただけると助かります。

コンビニ限定おすすめスムージーとその裏側を暴く

飲むだけで痩せるダイエット

管理人のみどりです。

いつも当サイトをご覧頂きありがとうございます。

コンビニおすすめスムージー

 

ローソンを筆頭に、最近コンビニで様々なスムージーが発売されています。

しかも、そのクオリティが高く、自分の家で作ったものより美味しいこともあるのだから人気なのもうなずけます。

今回は、コンビニ限定のおすすめグリーンスムージーを紹介します。

 

コンビニグリーンスムージーの特徴は?

コンビニのスムージーのおすすめ

それでは、コンビニのグリーンスムージーの特徴を簡単にチェックしていきましょう。いろんな会社から様々な風味のグリーンスムージーが販売されていますが、以下にあげるような特徴があります。

  • 200ml程度が多い
  • 不足しがちな野菜成分を補うことができる
  • カロリーは100kcal
  • 飲みやすい
  • 200円程度
  • チルドカップに入っている

もちろん、製品によって、差はあったりしますが、おおまかにこんな感じになっています。

見た感じだと、どんどん飲んでいけば、ダイエット効果も現れるように思えますけれども、実はコンビニのグリーンスムージーは、あまりダイエットには向いていません。

なぜなのでしょうか?

 

コンビニのグリーンスムージーがダイエットに向いていない理由は?

コンビニのスムージーおすすめ

というのも、それには、大きく分けて、二つの理由があります。

それは、

  • 砂糖が多く含まれていて、そもそもダイエットに向かない
  • 腹持ちがあまりよくない

このような理由からです。

もちろん、普通に飲むという観点からすると、手作りで作るよりも、すぐに作ることが出来ますので、手間がかかりませんし、作る労力なしで飲めるのが魅力的でしょう。

野菜やフルーツもしっかりと入っているのですが、商品によっては、少しでも飲みやすくするために、砂糖がたっぷり入っていることが多いです。

商品によっても異なるのですが、だいたい平均すると1杯につき、20~30g程度の砂糖が含まれています。甘い糖質を体の中に摂取すると消化されなければ、脂肪になります。

 

特に危険なのがフルクトース!

とくによく使われるのが、フルクトースといわれる果糖です。「高フルクトースコーンシロップ」というのが、正式な名前なのですが、要するに、トウモロコシから作った高果糖の液という意味です。(※フルクトース=果糖)

この作り方というのは、トウモロコシのでんぷんを科学的に分解してぶどう糖の液に変えるというもの。そして、そのぶどう糖液糖を酵素またはアルカリと反応させ、ぶどう糖より甘味の強い果糖に変化させるのです。

何が危険なのかというと、このトウモロコシのほとんどがアメリカから輸入されているということ。

アメリカのトウモロコシ事情として実に85%以上が遺伝子組み換えですので、日本で使われている果糖ぶどう糖液糖などの異性化糖を使った商品は高い確率で遺伝子組み換え食品ということになるわけです。

遺伝子組み換え食品は長期間食べ続けた場合どうなるか全くわかっていないのでとても危険です。

みどりは、昔京大で勉強していた時期があったのですが、ある生物学者が短期的には健康に害がないという実験でOKが出ただけで、30年、50年と長い期間にかけて実験で人体に影響がないという結果が出たわけではないから、必ずしも世の中に出回っている食品が安全であるとはいいきれないと述べています。

この遺伝子組み換え食品が蔓延して、もっとも懸念される病気はとして、ガン・腫瘍・アレルギー・不妊症などと言われています。特に子供には絶対に摂らせたくはありませんよね。

 

糖質は他にもこんなことが起きてしまうw

また、普段から運動をしているというような場合にはいいのですが、糖質は、AGEsという最終糖化反応産物となって、動脈硬化やシミ、そばかすなどの原因になるのです。

当然、これでは、いくらグリーンスムージーを飲んでいても、ダイエットは出来ませんよね。

ということで、あまりコンビニのグリーンスムージーに期待することはおすすめできません。

 

他のジュースとかでは糖質はどれくらい含まれているのか?

ということで、ダイエットを意識するという場合には、グリーンスムージーに含まれる糖質に十分に気をつけるようにしてくださいね。

ちなみに、ほかのジュースではこんなかんじで糖質が含まれています。

100%果汁のジュースの糖質量の目安を比較
ぶどうジュース 28g
りんごジュース 23g
オレンジジュース 22g
グレープフルーツジュース 20g
※1杯分で算出(200g)
※文部科学省科学技術 日本食品標準成分表2015年版(七訂)より独自算出

目安として、だいたい同じくらいの糖質のジュースの糖質量を記しています。

ということで、コンビニのグリーンスムージーにも、これくらいのグリーンスムージーが入っているということですよね。

糖質はお米やパンなどの炭水化物にも多く含まれますので、この点も注意が必要になります。

また、コンビニのグリーンスムージーは、普通に作るグリーンスムージーと比較すると、そこまで腹持ちがよくありませんので、この点も注意が必要です。

なので、結果的に、たくさん食べて、ダイエット出来なかったということも十分に起こってしまいます。この点は注意するようにしてくださいね。

 

コンビニ限定おすすめグリーンスムージー5選はこれだ!

グリーンスムージーおすすめ

それでは、コンビニで出回っているグリーンスムージーの中でおすすめのものをチェックしていきましょう。

 

こだわりの贅沢 グリーンミックススムージー(サークルKサンクス )

こちらは、2015年10月にサークルKサンクスにリニューアルして登場したグリーンミックススムージー

パッケージや中身の見た目とは裏腹に、なかなかフルーティな味がするので、とても飲みやすいスムージー。

しかし、このグリーンスムージーには大きな弱点が!

それは、食物繊維が取り除かれてしまっていることとにんじんが含まれている点。

置き換えダイエットの肝である食物繊維が無いと、ダイエット効果は希薄。

おまけに根野菜のにんじんは、お腹でガスになりやすく、ポッコリお腹の原因になるのでここもマイナス。

ダイエット用というより、デザート感覚で楽しむほうがいいですね。

 

ナチュラルローソン グリーンスムージー(めいらく)

コンビニのおすすめスムージー

中身を見ていただいて分かるように、ケールや小松菜などの本物の原材料を使っているので、本格的な完成度。

キウイやレモンが入っているため、苦味が和らぎ、とても飲みやすいです。

ただ、こちらのグリーンスムージーもさつまいもとにんじんのような根野菜が入っているのがネックです。

また、178円とやや値が張るのも痛いところ。

毎日飲み続けるにはちょっと高いですよね。

>> ローソングリーンスムージーのレビューはこちら

 

ナチュラルローソン チアシード入り野菜と果実のスムージー(めいらく)

こちらはローソンのグリーンスムージーに続き、今年の9月に発売されたチアシード入りスムージー

α-リノレン酸等のオメガ3脂肪酸を含むスーパーフード、チアシードが入っていて、食感がプチプチしていて非常に美味しいです。

チアシードがどんなものか気になる人は試してみてはどうでしょうか?

ただ、葉野菜よりもにんじんなどの根野菜のほうが強いので、スムージーというよりも野菜ジュースに近い感覚。

ダイエット効果もあまり期待できないと思います。

>> チアシード入り野菜と果実のスムージーのレビュー

 

こだわりの贅沢 キウイとレモンミックススムージーとフルーツミックススムージー

コンビニのグリーンスムージー

こだわりの贅沢シリーズのりんごと小松菜のスムージーよりも大変飲みやすく、とても美味しかったです。

ただ、こちらはスムージーではありますが、葉野菜が入っていないので、グリーンスムージーではありません。

ただのスイーツ感覚で飲むならいいですが、ダイエットとして飲むにはほとんど意味はないですね。

 

スジャータ スムージーブレンド グリーンミックス100(セブンイレブン)

ぶどう、りんご、レモン、キウイ、大麦若葉、バナナが入ったセブンのグリーンスムージー。

味はけっこう酸っぱいですね、パッケージにもあるキウイの酸っぱさがけっこう強いです。

大麦若葉が含まれていると言われているものの、あまり感じられず効果があるかどうかは微妙なところ。

こちらもグリーンスムージーというよりはジュースに近いイメージですね。

 

ダイエット目的なら粉末のグリーンスムージー

様々なタイプのコンビニ限定スムージーを紹介してきましたが、デザート感覚で飲むのはいいですが、ダイエット目的としては微妙です。

  • そもそも葉野菜が含まれず、スムージーじゃない
  • 1本150円オーバーとコスパが悪い

 

よりおすすめなのが粉末タイプのグリーンスムージーです。

粉末タイプのグリーンスムージーなら、

  • 葉野菜を含む200種以上の材料が含まれる
  • 1杯80円とコスパが良い
  • シェイカーで作れるので簡単お手軽

 

継続して飲むなら1杯150円も痛くなってきます。

粉末タイプなら1杯80円と非常にコスパがいいのです。

 

グリーンスムージーで飲むだけでダイエットを考えているなら是非お試しください。

 

こちらの記事もよく読まれています

>> スムージーの中でもダントツ圧倒的人気ランキングを発表!

>> ローソングリーンスムージーのレシピを紹介と実際の効果

>> ローソングリーンスムージーの口コミや糖質&カロリーはこちら

>> グリーンスムージーのキウイ&バナナの皮ごとつかったレシピ

>> 豆乳アレンジのグリーンスムージーのダイエット効果がヤバイ!?

最後までご覧頂きありがとうございました。

当サイトでは管理人おすすめのグリーンスムージーをご紹介しています。

あなたの生活改善に役立てばSNSでのRTやいいねお願いします。