ファスティングダイエット方法 1日 豆乳 禁止事項

1日のファスティングダイエット方法の禁止事項はこれだ?豆乳はおすすめなのか

グリーンスムージーや酵素ドリンクが普及したことで今流行りとなっているファスティングダイエット

体内環境をリセットさせ、痩せやすい体作りができるので、高いダイエット効果を見込めるダイエット方法なのですが、実はファスティングダイエットにおける禁止事項もあります。

この禁止事項に反してファスティングダイエットを実践してもなかなかダイエット効果は見込めなくなってしまうので、必ず注意事項を守るようにしてくださいね!

 

ファスティングダイエットとは?

1日のファスティングダイエット方法の禁止事項はこれだ?豆乳はおすすめなのか

ファスティングダイエットは、グリーンスムージーや酵素ドリンクなどの置き換えダイエット食品が普及したことで、注目されるようになったダイエット方法です。

ファスティングダイエットとは、短期間の断食で消化器官内を空っぽにすることで、体内環境のリセット、デトックスや脂肪燃焼効果が期待できるダイエット方法です。

 

効果が凄すぎる!!ファスティングダイエットがもつ5つの効果

ファスティングダイエットを実践することで、消化器官の休息と細胞の活性化が起こり、これらが私たちの身体に様々な影響を与えます。

 

デトックス

ファスティングダイエットを行うことで、デトックス効果が期待できます。

サウナやエクササイズでのデトックスも有名ですが、ファスティングの場合、通常排出しづらい宿便、有害金属、食品添加物の排出を促す効果があるので、より高いデトックス効果が期待できます。

普段偏った食事やジャンクフードばかり食べている人におすすめのダイエット方法が、ファスティングダイエットなのです。

また、ファスティングには余分なコレステロールを除去してくれる効果もあるので、脂質を過剰摂取している人にもおすすめです。

 

消化器官の休息

ファスティングダイエットで断食をしている間、消化器官は消化するものがないので、休息し、その分のエネルギーが他のところでつかわれます。

例えば、代謝につかわれたり、傷んだ組織の修復につかわれたりします。

これによって体内環境がリセットされ、痩せやすい体質へと変わることができるのです。

 

脂肪が燃焼する

ファスティングダイエットには脂肪燃焼効果があります。

私たちの身体のエネルギー源は、脂質よりも糖質が優先的につかわれます。

糖質をつかいきることで、エネルギー源が脂質に移るわけですが、食事で糖質を摂りすぎていると、糖質をつかいきることができず、脂質が全くつかわれません。

ファスティングダイエットを行うことで、食事から糖質を摂ることがなくなるので、脂質がエネルギー源としてつかわれ、脂肪が燃焼するということになります。

 

頭や五感が冴える

脂肪燃焼によってケトン体という物質が生まれます。

ケトン体が体内で増えると、それに比例して脳のα波が増えるので、ファスティングダイエット中はいつもより集中できたり、リラックスできるようになります。

『ファスティングダイエットって空腹で仕事や勉強に集中できないんじゃない?』と思われがちですが、実は逆で、むしろ集中力が高まるのです。

 

味覚が変わり食生活が改善される

ファスティングダイエットに成功した多くの人が、『味覚が変わった』と言っています。

脂っこい加工食品やスナック菓子への食欲がなくなり、素材本来の味を楽しめる料理を好むようになっていくようになります。

 

ファスティングダイエットのやり方

1日のファスティングダイエット方法の禁止事項はこれだ?豆乳はおすすめなのか

ファスティングダイエットには3つの期間があります。

  • 準備期間
  • 断食期間
  • 服飾期間

それぞれの期間でやるべきことが変わってきます。

ファスティングダイエットのやり方は、詳しくは『グリーンスムージーファスティングの方法&効果は?口コミも紹介』にまとめているので、参考にしてください。

 

一日でもファスティングダイエットは効果があるのか?断食の効果やメリットは?

ファスティングダイエットでは、食事の制限をするということもあり、少しでも早くに終わらせてしまいたいものですよね。

断食には個人差があるものの、1日でも効果を出すことが出来ます。

 

片頭痛や胃腸炎の改善や便秘改善、体重の軽減からデトックス、美容など、多数の効果があるのですが、正しい指導のもとで行わないという場合、長期間の断食はとても危険です。

なのですが、1日断食は初心者でもできますし、それだけでも効果を実感することが出来るのです。

やり方は、以下の通りです。

  1. 前日の夜の食事を抜くか、スープや野菜ジュースのみにする。
  2. 当日は水分補給をしつつ丸一日の食事を抜く。
  3. 翌日は、お粥などお腹にやさしい回復食をとる

基本的にこれだけで、ファスティングは完成です。

 

ただ、1日まるまる抜くとどうしても耐えることが出来ないということもあると思います。特に仕事が大変な方の場合であれば、楽しみの食事を抜くのはつらいものですよね。

そのような場合には、主食だけを断食するというのも一つの方法!

ごはんやパン、うどんなどの炭水化物を避けるのです。炭水化物を抜くだけでもかなり体が軽くなることを実感することができますよ。

 

一日断食を成功させるためには?

1日のファスティングダイエット方法の禁止事項はこれだ?豆乳はおすすめなのか

それでは、1日断食を成功させるためにはどうしたらいいのでしょうか?

成功するうえで大切なのは、何よりもあまり堅苦しく、こうあるべき!みたいに考えないということです。

基本的には、以下のポイントをしっかりと押さえておくことでうまくいくはずです。

 

休日を利用する

1日のファスティングダイエット方法の禁止事項はこれだ?豆乳はおすすめなのか

仕事があるときには、当然、ストレスも抱えてしまいますよね。また、食事の勧誘を受けてお食事にいくということもあり、なかなか思うようにダイエットもできません。

断食は少し苦痛を伴うこともあるので、仕事の日にはお休みしておいて、完全にフリーの日に実践していることが一番です。

休日の前日によるご飯を抜いてスタートしてみてくださいね。

 

水分は十分に摂る

ファスティングダイエット方法では、のどが渇いたらいつも通りに、水やお茶などを飲んで水分補給していくことが大切です。

ただし、その際に、砂糖のたっぷり入っている清涼飲料水や胃腸に刺激が強いコーヒーなどカフェイン入りの飲み物は避けるようにしてくださいね。

 

我慢できない時はやめる

1日のファスティングダイエット方法の禁止事項はこれだ?豆乳はおすすめなのか

どうしても我慢できず食べ物のことを考えてしまうというケースもあると思います。

もちろん、人間ですので、欲に負けてしまうこともあります。

 

食べないことで、逆にストレスがかかるということもありますよね。

そのような場合には、一度気分転換で、散歩してみてください。

散歩したり走った後は、不思議とそこまで食べたいという気持ちがなくなっていることに気づくと思います。

 

空腹感を感じている時に、興奮したりストレスがかかると、アドレナリンが分泌され肝臓にためていた糖を血液に流し、血糖値を上げます。

すると脳は、十分に栄養はあるなと勘違いして空腹感が消失するのです。

運動もアドレナリンを出し、血糖値を高めてくれるので、結果的に運動をすると空腹感を抑えることが出来ますよ。

とはいえ、疲れがたまっていると、きつく感じてしまうこともあると思いますので、そのあたりは注意してくださいね。やめるというのも方法の一つです。

 

これだけは気をつけて!ファスティングダイエットにおける禁止事項

1日のファスティングダイエット方法の禁止事項はこれだ?豆乳はおすすめなのか

断食期間が終わったらすぐに通常食に戻す

断食期間が終わった翌日からすぐ通常食にしてしまう人がいますが、これはリバウンドの元。

断食期間中は、身体全体がエネルギー不足になっているので、食べた食事からなるべく多くの栄養を吸収しようとします。

そこに普段の食事を入れてしまうと、身体はいつも以上に糖質や脂質を貯め込んでしまうので、ファスティングを始めたときよりも太ってしまう可能性もあります。

断食期間後は、まずはおかゆや野菜、果物などの軽い食事からスタートするようにしましょう。

 

断食期間前日までの食生活が悪すぎる

断食期間の直前に肉や魚、乳製品などの消化に悪いものを食べてしまうと、断食をしたとしても、胃腸を空っぽにすることができない可能性があり、せっかく断食をしても効果が得られなくなってしまいます。

断食をを始めると決めたのであれば、その直前の食事から消化に良い食事を摂るように心がけてください。

 

飲んでいる酵素ドリンクが悪い

ファスティングダイエットを行う上で、飲む酵素ドリンクの種類も大事です。

酵素ドリンクに含まれる成分が、添加物を多くつかわれているものはファスティング効果が弱くなってしまうので、酵素ドリンク選びも大事!

ファスティングダイエットはしたいけど、酵素ドリンク選びに迷っているという人はこちらの粉末グリーンスムージーを試してみてください。

 

ファスティングダイエットで豆乳は使ってもいいのか?

1日のファスティングダイエット方法の禁止事項はこれだ?豆乳はおすすめなのか

ファスティングダイエットを行う際に、豆乳は使ってもいいのかって気になりますよね。豆乳のダイエット効果には以下のようなものがあります。

 

筋肉を増やして基礎代謝を高める

豆乳は畑の肉といわれるように、筋肉の原料となるタンパク質を豊富に含んでいます。

筋肉が増えることで基礎代謝がアップし、脂肪を燃焼しやすくなりますので、つまり、豆乳からたんぱく質を摂取することで痩せやすい体になりますよ。

 

満腹感を得られる

豆乳に含まれる大豆サポニンという成分は、腸内の粘膜に生えている小さな突起物の絨毛を収縮させる力があります。

食事をするときに、この腸絨毛は広がって面積を広げ吸収しやすくしてくれるのですが、豆乳を飲むと、腸絨毛は小さくなります。

つまり、栄養を吸収する面積が少なくなるので、栄養の吸収速度が遅くなり、腸内に長く食べ物が留まります。

このことによって、腹持ちがよくなって、満腹感を感じることが出来るのです。

 

大豆イソフラボンでホルモンバランスを調整

1日のファスティングダイエット方法の禁止事項はこれだ?豆乳はおすすめなのか

豆乳には大豆イソフラボンがたっぷりと含まれます。

生理前に食べ過ぎたり、冷え性で苦しんでいる人は、女性ホルモンの分泌量が少なく、ホルモンバランスが乱れていることがあります。

大豆イソフラボンを摂取することで、ダイエット効果だけでなく、美肌や生理不順、冷え性の改善にも効果があり、ホルモンバランスを整えてくれますよ。

 

コレステロールを下げる効果

豆乳に含まれているリノール酸は、コレステロールを下げる力を持っています。血中から悪玉コレステロールを減らし、血管の壁に余分なコレステロールがつくことを防いでくれるので、動脈硬化や高血圧の予防にも効果的なのです。

また、リノール酸は体内で合成出来ない必須脂肪酸です。植物油などに多く含まれており、ダイエット中に不足しがちな栄養素といえるわけです。

 

ということで、ファスティングをする際に、ダイエットに効かないどころか、むしろ、ダイエット効果や美容効果を高めてくれるといえそうです。

 

なお、豆乳を使ったグリーンスムージーのレシピをこちらの記事で紹介していますので、この機会にチェックしてみてくださいね。

>> グリーンスムージーで豆乳を使ったレシピはこちら

 

ファスティングダイエットで健康的に痩せてこう!

1日のファスティングダイエット方法の禁止事項はこれだ?豆乳はおすすめなのか

ファスティングダイエットの嬉しいところは、ただ痩せるだけでなく、体内環境を整えることで、痩せやすい体質を作ることができるということ。

健康的なダイエットなので、普段の食生活が気になるという方は、ぜひ一度試してみてくださいね!

こちらの記事もよく読まれています

本サイトでは以下の記事もよく読まれています!この機会にチェックしてみてくださいね!

>> スムージーの中でもダントツ圧倒的人気ランキングを発表!

>> グリーンスムージーファスティングの方法&効果は?口コミも紹介

>> 朝のスムージーはダメなの?効果が太る、老けるって本当なのか

>> ジュースクレンズダイエットの作り方とレシピおすすめは?口コミや効果をチェック

>> 太ってるから彼氏ができないと悩む女性でも彼氏を作る5つのコツ

ということで、最後までお読みいただきありがとうございました!

本サイトではおすすめのスムージーに関する情報についていろいろとまとめています。グリーンスムージーに関する疑問を本サイトで解決してしまってくださいね!

もしも「なるほど!」と思った情報がありましたら、TwitterやFacebook等であなたの知り合いに拡散してくださいね。

今モテ女子の間で話題のアイテム!!

コメントを残す