グリーンスムージー 風邪予防

管理人のみどりです。

いつも当サイトをご覧いただきありがとうございます。

 

朝晩の冷え込みがだんだん激しくなってきましたね。

この季節気になるのが風邪です。

実は、グリーンスムージーを使った効果的な風邪予防の方法があるのでご紹介します。

 

風邪に効果的な栄養素と食材は?

グリーンスムージーの風邪予防

風邪のウイルスを体の中から退治するためには、エネルギーが必要になります。当然、エネルギーが不足してしまって、風邪を長引かせてしまわないように、エネルギー補給をしておきたいものですよね。

それでは、具体的に、風邪に効果的な栄養素や食材って、どのようなものがあるのでしょうか?グリーンスムージーに使えそうな風邪に効果的な野菜を調べてみました。

 

βカロテン(ビタミンA)

効果

βカロテンは、緑黄色野菜に含まれているオレンジや黄色の色素を指します。そして、これらの物質は、摂取することによって、体内に必要なビタミンAになるのです。

このビタミンAには、鼻やのど、気管支、胃腸といった器官の粘膜を丈夫にしてくれる効果がありますので、免疫力をより高める効果を期待することが出来るのです。

要するに、普段から摂取しておくことで、風邪の予防につながるということになりますよ。

食材

このビタミンAを多く含む食材は、以下の通りです。

にんじん、ほうれん草、パセリ、春菊、大葉、モロヘイヤなど

 

ビタミンC

グリーンスムージーの風邪予防

効果

風邪をひきやすい人であったり、風邪をひいているようなときには、血液の中のビタミンCの濃度が低いという特徴があります。さらに、ビタミンCには、白血球の働きを強くして、さらに免疫力を高めてくれるので、風邪の予防や病気を少しでも早く回復していく上では、重要になってくるのです。

食材

パイナップル、パパイヤ、グレープフルーツ、ケール、パプリカ、にがうり、みかん

 

ジンゲオール

効果

ジンゲオールというのは、しょうがの中に含まれている成分。生しょうがの辛み成分で、加熱したり乾燥することで、ショウガオールという成分に変化するのです。

このジンゲオールを摂取すると、白血球の数が増えて、免疫機能がアップしていくことになります。

さらに、血液の流れをよくして、白血球の数も増えることもあり、結果的に免疫力のアップにつながるということになります。

食材

生しょうが

 

シンナミックアルデヒト

グリーンスムージーの風邪予防

効果

シンナミックアルデヒトというのは、シナモンの中に含まれている香りの成分になります。この物資には、血管を広げることで、発汗を促すことが出来ます。これにより、体の中にたまった、老廃物を体の外に排出してくれます。

風邪を治すための漢方薬ではよく使われていて、風邪の症状を緩和する効果もありますよ。

食材

シナモン

 

風邪予防に効果的なホットグリーンスムージー

グリーンスムージーで風邪予防したいならホットグリーンスムージーがおすすめです。

まずはホットグリーンスムージーの効果をチェックしましょう。

 

生の野菜や果物を使って作るグリーンスムージーは、酵素を豊富に含んでいます。

しかし、加熱してホットグリーンスムージーにしてしまうと、残念ながら酵素は失われてしまうのです。

と言っても、加熱するのは悪いことばかりではありません。

 

例えば、ホットグリーンスムージーでお馴染みの食材、にんじん。

にんじんは抗酸化作用に優れたβカロチンが豊富に含まれていますが、生のときにんじんよりも茹でたにんじんのほうが含有率が高いことが明らかになっています。

また、りんごに含まれるペクチンやトマトに含まれるリコピンも加熱することで含有率がアップします。

 

目的別効果的なホットグリーンスムージーレシピ

ホットグリーンスムージーもご自分で簡単に作ることができます。

今回は、目的別におすすめのホッグリーンスムージーレシピを2種類紹介するので参考にしてみてください。

 

ビタミンたっぷりホットグリーンスムージーレシピで風邪予防

材料
  • ほうれんそう 1株
  • キウイ 1/2個
  • りんご 1/2個
  • レモン果汁 小さじ2
  • 水 200cc

 

作り方
  1. ほうれん草を2~3cmの幅にカットし、レモンを絞っておく
  2. キウイを皮をむき、りんごとともに一口大にカット
  3. 1、2をミキサーに入れ、水を入れる
  4. マグカップに注ぎ、500wのレンジで1~2分温めたら出来上がり

 

風邪予防のために必要なのが豊富なビタミン、特にビタミンCを多くとる必要があります。

ビタミンCは、のどや鼻の粘膜を強くする働きがあり、病原体の侵入を防ぐ効果を期待できます。

また、ビタミンCはウイルスを撃退する白血球と結びつき、働きを活性化させる効果ももつので、風邪対策をするうえで非常に効果的なのです。

 

今回、選んだ食材のほうれん草、キウイ、りんご、レモンはビタミンCを豊富に含む食材ですので、風邪予防のためにホットグリーンスムージーを飲む方にはとてもおすすめです。

 

ポカポカ温まる食材で冷え性改善

食材
  • にんじん 1/2本
  • しょうが 適量
  • みかん 1個
  • りんご 1/2個
  • 水 200cc

 

作り方
  1. にんじんとりんごを一口大にカット
  2. みかんの皮をむき、一房ごと入れ、しょうがをすりおろす
  3. 1、2をミキサーに入れ、水を加える
  4. マグカップに注ぎ、500wのレンジで1~2分温めたら出来上がり

 

寒い冬、多くの女性が悩まされるのが冷え性です。

今回は、体を温める食材を中心に選んでみました。

 

にんじん、しょうが、みかん、りんごは体を温める効果をもつ食材。

しょうがには血行促進効果もあるので、体の内側から温めることができます。

 

グリーンスムージーを風邪対策に使っている人たちの声は?

グリーンスムージーの風邪予防

 

風邪予防のマスクは効果なし!

グリーンスムージーの風邪予防

風邪を予防するためのマスク。

実は、このマスクについては、あまり効果がありません。よく風邪を予防するために使っている人も多いですが…。

そもそも、どうしてなのか気になりますよね。

その理由はシンプルで、風邪というものは、ウイルスの感染によるものなので、基本的に、空気を通して、感染していくのです。

風邪には、鼻水や鼻詰まりを伴うもの、喉や扁桃腺の炎症や腫れとなって症状が現れるものという二つの種類が大きくありますけれども、これらのウィルスは大きさが20~970nm(1mmの100万分の1)。

これは、日常的に私たちの身の回りに存在する普通の細菌よりも、さらに小さいのです。ちなみに、市販で売っている不綿布のマスクだと、簡単に通り抜けてしまうということになります。

もちろん、着用することで、咳やくしゃみなどで飛んでしまう飛沫の場合、マスクで抑えられることが出来るのですが、風邪やウイルスを体内に侵入させないようにするというのは、そもそも、無理ということになります。

 

グリーンスムージーを作るのが面倒な時には?

とはいえ、グリーンスムージーを作るのは面倒って思われることもあると思います。

そのような場合には、粉末タイプのグリーンスムージーがおすすめです。

 

粉末のグリーンスムージーなら、シェイカーでシェイクして10秒で栄養補給を済ませますよ。

今はやりのミネラル酵素グリーンスムージー。

以下に当てはまる人の場合は、このミネラル酵素グリーンスムージーを試してみる価値がありますよ。この機会に是非ともチェックしてみてくださいね。

  • ダイエットをしたいけど、激しい運動や食事制限をしたくない人
  • 便秘や肌の調子が悪くなる人
  • きれいに痩せたい人
  • 簡単にダイエットしたい人
  • あまりお金をかけずに、ダイエットをしたい人
  • 普段からあまり野菜を食べない人
  • 外食をする回数が最近多い人
  • 果物を食べない日が多い人
  • 脂っこいものが好き人
  • 毎日お菓子を食べている人
  • お酒を飲む機会が多い人
  • 肌荒れやニキビを解消したい人

以上、一つでも該当するのであれば一度試してみることをおすすめしますよ。

こちらの記事で詳細をまとめていますので、チェックしてみてくださいね。

 

>> ミネラル酵素グリーンスムージーが美肌効果抜群!口コミや体験レポを掲載

 

まとめ

寒くなってきたここ最近、風邪や冷え性は気になるところですね。

ホットグリーンスムージーには、これらを改善、予防する効果があるので、ぜひあなたの生活に取り入れてみてください。

 

 

寒い季節に合わせて読みたいおすすめ記事はこちら!

>> 寒い冬におすすめのグリーンスムージーレシピ

>> 冬に飲むときに気をつけたい3つのポイント

>> グリーンスムージーを続けるための5つのポイント

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

当サイトでは管理人おすすめのグリーンスムージーをご紹介しています。

生活改善に繋がればSNSでRTやいいねしていただけると有り難いです。

今モテ女子の間で話題のアイテム!!

コメントを残す