グリーンスムージーの効果が倍増?おすすめ野菜の種類を紹介

管理人のみどりです。

いつも当サイトをご覧頂きありがとうございます。

グリーンスムージーの野菜おすすめは?

グリーンスムージーは、多くの種類の野菜や果物を使った、自分オリジナルレシピを楽しめますが、何でもかんでも入れて良いというわけではありません。

美容やダイエットのために飲んでいるのであれば、おすすめの野菜というものがあるので、今回はそちらをシェアしていきたいと思います^ ^

 

Contents

効果的なグリーンスムージー作りのポイント

グリーンスムージーの野菜おすすめは?

まず、おすすめの野菜を紹介する前に、効果的なグリーンスムージー作りのポイントをご紹介します。

1日に1リットルから2リットルくらいをとる!

 

グリーンスムージーの種類のおすすめ

お肉を食べたり、酒を飲んでしまうと、身体が酸性に傾くことになります。そこで、重要になるのが、アルカリ性に変えてくれるグリーンスムージー。

身体をアルカリ性に近づけるのであれば、理想としては、1リットル以上はとっておきたいものです。

ただ、そのうえで、注意しておきたいこともあります。

こちらの記事でまとめていますので、チェックしてみてくださいね。

>> グリーンスムージーの飲む量はどれくらいがいいのか?注意点は?

 

食事と一緒ではなく、食事前40分に単体で飲むこと!

グリーンスムージーは野菜やフルーツの栄養を十分にとるために、ほかの食べ物と一緒にとるのはよくありません。

基本的に、野菜をはじめに食べておくと、消化が緩やかになるので、食前40分くらいがおすすめですよ。

ちなみに、朝のように、何も食べていない状態で朝食として置き換えするのもありでしょう。

 

グリーンスムージーに合う野菜を使う

グリーンスムージーのおすすめ種類

基本的には、加熱していない生の葉野菜がグリーンスムージーと相性がいいです。加熱してしまうと酵素やビタミンが壊れるため、栄養価が落ちてしまうのです。

ちなみに、加熱をしていない野菜を冷凍しているのであれば、スムージーにも効果的です。

 

生野菜・フルーツ・水以外は入れない

野菜でおすすめの種類

グリーンスムージーの効果を最大限高めるには、まずは素材からこだわりましょう!

生野菜・フルーツ・水だけで作れば、高い栄養素をそのままグリーンスムージーに取り込めますよ。

 

糖類・種子・油分、豆類を入れない

糖類・種子・油分・豆類を含む野菜はでんぷん質が多く含まれています。

でんぷん質は、消化管の中で吸収が遅れたり、腸内でガスが発生しやすくなるという悪い働きをしてしまいます。

ニンジン・キャベツ・トウモロコシ・カリフラワー・緑豆・さやえんどう・ズッキーニ・ビーツ・かぼちゃ・オクラ・ナスなどの野菜は、でんぷん質が多く含まれているので、これらの野菜はNGですね。

もっと詳しく知りたい方はこちらをどうぞ!

>> グリーンスムージーに使ってはいけない野菜8選

 

ヨーグルト・牛乳割りはNG

グリーンスムージーのおすすめ野菜

ヨーグルトや牛乳で割ると確かに味は美味しくなるのですが、効果的にはマイナスです。

ヨーグルトや牛乳はタンパク質なので、野菜やフルーツの栄養吸収を妨げる働きをしてしまいます。

スムージーで大切なのはいかに野菜やフルーツから栄養を摂ることが出来るのか。しかし、牛乳を飲むと、栄養吸収を妨害してしまうので、せっかく食したにも関わらず、身体の外に吸収されずに出ていくことになります。

 

グリーンスムージーにおすすめの野菜はこれだ!

グリーンスムージーのおすすめ野菜

グリーンスムージーに効果的な野菜は、加熱していない生の葉野菜です。

加熱していない生の葉野菜は、酵素やビタミンが豊富に含まれているので、栄養価が非常に高い!

美容・ダイエットのためにグリーンスムージーを取り入れているのなら、これらの野菜はマストですね!!

 

小松菜

グリーンンスムージーの野菜

冷蔵保存するとき

湿った新聞紙や広告に包んで冷蔵庫に入れます。冷蔵庫に入れて、2日くらいであれば持ちますよ。それ以降は一気に栄養価が落ちてしまいます。

冷凍保存するとき

根元の土をしっかりと洗い落として水気を切って、好きな長さに切って、保存袋に空気を抜き、そのまま冷蔵庫に入れると完了です。

小松菜は比較的早く傷んでしまうので、出来るだけ早く使うようにしましょう。ちなみに、保存する際には真空袋を使っていたほうがいいです。

 

ほうれん草

グリーンスムージーのおすすめ野菜

冷蔵保存するとき

新聞紙に包んでビニール袋に入れて、冷蔵庫の野菜室に入れてください。

冷凍保存するとき

まずは根っこの土に注意してきれいに洗います。そのあと、熱湯に30秒から1分ほど茹でます。根から鍋に入れて茹で、茹ですぎに注意してください。茹ですぎるとビタミンなどの水溶性の栄養がすべて水に流れ出てしまいます。

そのあと、ボウルに水を張ってさっと熱を冷まします。そのあとに、ざるにあげて、水気を切って保存袋に入れて冷凍庫に保存します。(分けて使う場合にはビニールで小分けにしてもOKです。)

なお、電子レンジで加熱する方法もありますが、電子レンジの電磁波には野菜の中のビタミンなどを破壊するので電子レンジは使わないようにしてください。これに関しては、どの野菜でも同じです。

 

春菊

グリーンスムージーのおすすめ野菜

癖が強い春菊です。

冷蔵保存するとき

葉先を乾燥させないようにして、湿らせた新聞紙に包んで、ビニール袋に入れ立てて、冷蔵庫の中に入れます。これによって、2日か3日は持つことになりますよ。

冷凍保存するとき

春菊を30秒程度塩ゆでします。そのあと、さっと冷水で冷やして水気を切ります。そのあとに、好みのサイズに切って、ラップや保存袋に入れてください。

 

高菜

グリーンスムージーのおすすめ種類は?

冷蔵保存するとき

湿らせた新聞紙に包んで、保存袋の中に入れて、冷蔵庫に入れてください。

冷凍保存するとき

塩をさっとまぶして、一週間くらいつけておきます。ちなみに、あまりに塩を多くすると塩分が多くなりすぎるので、注意してくださいね。そして、小分け状態にして、密閉袋に入れて、冷蔵庫か冷凍庫で保存します。

 

チンゲンサイ

冷蔵保存するとき

湿った新聞紙に包みたてて冷蔵庫の中に入れます。

冷凍保存するとき

ちんげんさいの根っこの土を洗い落とします。水気をしっかりと切ったあとに、好みのサイズにして、保存袋の中に入れて、冷凍庫の中に入れてください。あるいは、さっと塩ゆでして冷水で洗って小分けにしてラップに包んで冷凍するというのもOKです。

 

ニラ

グリーンスムージーのおすすめ野菜

冷蔵保存するとき

冷蔵保存の場合、キッチンぺーパーとラップを使って包んで、冷蔵庫に入れます。ちなみに、冷蔵庫に入れるだけで、2日から3日は日持ちしますよ。

冷凍保存のとき

冷凍保存をする場合には、好みの大きさに切って水気を切ってから保存袋に入れて冷蔵庫に入れるようにしてください。

 

水菜

冷蔵保存するとき

新聞紙に包んで、ビニール袋に入れてから、野菜室に入れてください。

あるいは、好みの大きさにカットして、10分くらい冷水につけて水気を切ります。タッパーに数枚のキッチンペーパーを敷いて、水菜を入れて上からキッチンペーパーを敷いて、フタをして冷蔵庫に入れてください。

冷凍保存するとき

よく水を切ってください。そして好みの大きさに切って、小分けでもそのままの状態でもOKで保存袋に入れて、冷凍庫に入れてしまいましょう。

 

セロリ

セロリというと茎の部分を食べるイメージですけれども、葉っぱの方に栄養が多いですよ。なので、薬味として効果的なのです。ちなみに、葉っぱに関してはお風呂に入れることで保湿効果がありますよ。

冷蔵保存するとき

葉っぱと茎に分けて、それぞれを保存袋に入れて冷蔵庫に入れます。その際に茎は立てて野菜室に入れます。

冷凍保存するとき

葉っぱと茎を分けて保存袋に入れて、冷凍庫に入れます。葉っぱは刻んで冷凍することで、薬味として使う際に使いやすいです。

 

ルーコラ

イタリア料理でよく利用されるルーコラ。こちらは鮮度が落ちると香りが落ちてしまうので、早めに食すことをおすすめします。ちなみに、ペーストとして頂いても美味しいですよ。

冷蔵保存のとき

根元をしっかりと濡らしたキッチンペーパーでまきます。そして新聞紙などに包み、ビニール袋に入れておきましょう。

冷凍保存のとき

はじめに、簡単に茹でて、冷水にあげます。水分をとって、小分けにして、ラップや保存袋で冷凍庫に入れておきましょう。

 

白菜

グリーンスムージーのおすすめ野菜

冷蔵保存のとき

一玉のときには、切り口部分に包丁で深めにして切り込みを何本か入れます。新聞紙に包んで、日光が当たらない場所にたてておくことが大切です。

冷凍保存のとき

冷凍庫にはそのまま入れるのが難しいです。そのため、好きな大きさにしてカットしておきましょう。

 

キャベツ

冷蔵保存のとき

芯をくりぬいておいて、濡らしておいたキッチンペーパーを詰めて、湿らせておいた新聞紙で包みビニールに入れておきましょう。

芯に包丁で深めに十字に切り込みを入れて、ビニール袋に入れて冷蔵庫に入れておきましょう。そして、カットされたものは、ラップに包んで、冷蔵庫に入れておきましょう。

冷凍保存のとき

好みの大きさにして、塩もみします。そのあとに、水気をきって、ラップや保存袋に入れて、冷凍庫に入れておきましょう。

 

レタス(サニーレタス、コスレタス、エンダイブなどを含む)

グリーンスムージーの野菜おすすめ

冷蔵保存のとき

ビニール袋に入れて、切り口に湿らせたキッチンペーパーをつけて立てながら、冷蔵庫に入れます。なお、切り口の部分に小麦粉を塗ったり、爪楊枝を刺しておくという方法もOKです。

冷凍保存のとき

レタス類に関しては、水分量が多いこともあり、冷凍には向いていません。なので、冷蔵保存しておくことが大切です。

 

空心菜

東南アジア出身の真空菜。オイスターソースやナンプラーとの相性がよく、お肉との相性抜群です。シャキシャキとした食感が魅力あるので、あまり冷凍保存はおすすめできないですが、、、。

冷蔵保存するとき

茎の根元に濡らしたキッチンペーパーを巻き付けます。湿らせた新聞紙で包んで、ビニールに入れて、冷蔵庫に入れましょう。

冷凍保存するとき

硬めになるようにさっとゆでて、小分けして冷凍保存します。

 

モロヘイヤ

冷蔵保存するとき

きれいに洗ったら、水気をきって、葉っぱだけをとって、密閉された容器の中で保存して冷蔵庫に移して保存します。

冷凍保存するとき

一度、さっとゆでます。そして、小分けをして、ラップや保存袋に入れて、冷凍庫に入れましょう。

 

まとめ

グリーンスムージーのおすすめ野菜種類

ダイエットや美容のためにグリーンスムージーを取り入れているのなら、どの野菜を選ぶかによって効果が全く変わってくるので、野菜選びは重要です。

 

おすすめの野菜をもう一度まとめると、

などの加熱していない生の葉野菜。

 

ご自分でグリーンスムージーを作っている方は参考にしてみてくださいね〜!

 

こちらの情報もおすすめです

>> グリーンスムージーに絶対に使ってはいけない野菜8選

>> グリーンスムージーの効果を高めるには作り置きはNG!?

>> 効果を高めるには実は飲むタイミングも重要?

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

当サイトでは管理人おすすめのグリーンスムージーをご紹介しています。

生活改善に繋がればSNSでRTやいいねしていただけると助かります。

今モテ女子の間で話題のアイテム!!

コメントを残す