グリーンスムージー 冬 寒い レシピ

管理人のみどりです。

いつも当サイトをご覧いただきありがとうございます。

グリーンスムージーの寒い冬のレシピ

いよいよ寒い冬の季節になってきましたね。

グリーンスムージーダイエットを実践している方にとって寒い冬は天敵!

だって、寒いと冷たいスムージーを飲む気になりませんからね。

 

しかも、我慢して冷たいグリーンスムージーを飲み続けると”内臓冷え”という悪い症状を引き起こしてしまうことも。

今回は、寒い冬にグリーンスムージーを飲むときの注意点とその対策レシピをご紹介します。

 

寒い冬に冷たいグリーンスムージーは要注意

グリーンスムージーの寒い冬のレシピ

寒い冬に冷たいグリーンスムージーを飲む気にはちょっとなりませんよね?

しかも、我慢して飲み続けてても”内臓冷え”という悪い症状を引き起こしてしまう可能性もあるので注意が必要です。

 

内臓冷えとは?

寒い冬に冷たいグリーンスムージーはアウト?おすすめのレシピとは?

冷たいスムージーや夏が旬の産地の野菜・果物を多く摂っていると内臓冷えを起こしてしまうことがあります。

内臓冷えは、不妊や代謝の悪い体質の元になるのでまさに女性の敵!

美容やダイエットを考えている女性にとっては絶対に避けたい状態なのです。

 

内臓が冷えると太る?

グリーンスムージーの寒い冬のレシピ

内臓冷えになると太ると言われるメカニズムはこの通り。

内臓が冷えると体は内臓を冷やさないように、内臓の周辺に脂肪をつけようとします。

脂肪によって内臓を温めようとするわけです。

また、内臓の働きが弱くなると消費エネルギー自体も減ってしまうので、摂取したカロリーを上手く消費できません。

内臓温度が1℃下がると基礎代謝が10%以上下がると言われていて、内臓冷えは様々な障害を引き起こす最悪な状態と言えるでしょう。

 

寒い冬でも効果的なスムージーは?

寒い冬に冷たいグリーンスムージーを飲むとどうしても内臓冷えの原因になってしまいます。

そこでおすすめなのが、こちらのホットスムージー

温かいスムージーなら冬でも気にせず飲めるので、とってもおすすめですよ☆

 

ホットにしても効果はあるの?

確かに、ホットドリンクにすることで酵素は死んでしまいます。

しかし、加熱することでパワーアップする効果もあるんですよ!

 

抗酸化力がUP

グリーンスムージーの寒い冬のレシピ

例を挙げると、スムージーによく使われるニンジン。

ニンジンにはβカロチンという強い抗酸化作用をもつ成分を豊富に含むことで有名なのですが、茹でたニンジンのほうがβカロチンが多いです。

生ニンジンには6900μgのβカロチンしか含まれていませんが、茹でたニンジンだと7500μgにUPします。

 

美肌効果がUP

リンゴに含まれる水溶性食物繊維ペクチンやヨーグルトに含まれるカルシウムは温めることで含有率がUPします。

また、温めることで腸を冷やすことがなく、善玉菌の活動を妨げません。

善玉菌は冷たいのが嫌いなのです。

冬に便秘でお悩みの方は、是非ホットスムージーをお試しください。

 

ホットスムージー作りで大事な食材選び

ホットスムージーを作るうえで大事なのが食材選び

できるだけ体を温める効果のある食材を選びましょう。

おすすめの野菜・果物が以下です。

 

体を温める野菜

  • だいこん
  • かぶ
  • ごぼう
  • 白菜
  • 小松菜
  • ニンジン
  • キャベツ
  • カリフラワー
  • ブロッコリー
  • 春菊
  • 三つ葉
  • セリ
  • シソ
  • ショウガ

体を温める果物

  • ブドウ
  • みかん
  • キンカン
  • サンザシ
  • ナツメ

体を温めるその他の食材

  • ナッツ
  • スパイス
  • ココア
  • 豆乳
  • 黒砂糖

 

寒い冬におすすめのホットスムージーレシピ

カリフラワーとリンゴのホットスムージー

実は、カリフラワーはレモンに匹敵するほど豊富なビタミンが含まれています。

抗酸化作用による美肌・アンチエイジング効果・風邪予防にも効果的です。

リンゴにはペクチンやカリウムが含まれているので、むくみ解消にも効果ありです。

 

豆乳とバナナのホットスムージー

タンパク質が豊富な豆乳を摂取することで、体が熱を生み出し、自然と冷え性が良くなります。

また、大豆イソフラボンの効果で女性ホルモンの働きも助けられます。

バナナには、便秘解消に有効な食物繊維やオリゴ糖が豊富に含まれているので、整腸効果抜群。

甘くて美味しいホットスムージーです。

 

アボガドと小松菜のホットスムージー

女性に不足しがちな鉄分やミネラルが豊富な小松菜と、血圧を下げたりむくみを解消してくれるカリウムが豊富なアボガドを組み合わせたホットスムージー。

いつものグリーンスムージーをホットにしたような感覚で楽しむことができますよ。

 

そもそも冷えない体を普段から意識して作ることが大切!

グリーンスムージーの寒い冬のレシピ

ここまで、冬のグリーンスムージーの飲み方について紹介してきましたが、グリーンスムージーをホットにしても、それは、その場しのぎにしかなりません。

できれば、普段から自分の体温を少しでも高めておくことが大切なのです。

グリーンスムージーを飲んだから冷えるという前に、そもそも、グリーンスムージーを飲んでいない人でも、体温が低いって人は意外と多いです。

50年ほど前のときの日本人の平均体温は、36.8度だったのですが、最近の体温は36.1度あたりの人が多くなっていて、平熱が35度台という人も少なくないもの。

体温が1度下がると、だいたい30%免疫力が低下するともいわれていますけれども、体温が下がると、代謝が下がってしまい、発熱できず、結果的に、食べ物を少しでも体の中に蓄えておくように脳から指令として送られて太りやすい状態になります。

その理由には、いろいろとあるのですが、一番大きいのが運動不足からくる体の冷えになります。

身体には自律神経といわれる神経があり、この中の交感神経と副交感神経の二つが両方ともしっかりと活動していることが重要になります。

しかし、運動を普段からしていない場合には、この神経の動きが弱く、代謝がよくなく、結果的に、自分の力で熱を作り出すことが出来なくなって肌寒く感じることになります。

この冷えを放置すると、免疫力が低い状態ということもあり、ガンや風邪などにかかりやすくなるのです。

今の時代、仕事が忙しいという人も多く、場合世によっては、運動をする時間を全くとれないという人も多いでしょう。

それでは、そもそも人間の体温を少しでも高く維持しておくにはどうしたらいいのでしょうか?方法としては、以下の3つの方法があります。

 

エアロビクス(有酸素運動)をする

初めに紹介するのは、体の中を巡っている自律神経を活発にして、体全体の血の巡りを高めることが出来ることで有名なエアロビクスという有酸素運動。

エアロビクスというのは、マラソンやウォーキング、スイミングなど、長時間にわたって、身体に負荷をかけていくような運動のこと。

特に、これらのスポーツは、呼吸も重要になりますよね。空気の出し入れもポイントになってくることもあって、有酸素運動ともいわれます。

この有酸素運動では、筋トレなどの筋肉トレーニングやテニスやバトミントンなどのスポーツと比較すると、自律神経の働きを強めてくれやすいということが研究報告で判明しています。

これらの有酸素運動には、先ほど紹介した自律神経の働きに影響を与えてくれるのですが、副交感神経を優位にしてくれるということもあり、リラックスした状態になることも出来ます。

この有酸素運動は、自律神経に筋トレ以上に効果的に働き、結果的に体の代謝をアップできます。

実際に、走ったりした後には、身体が暖かくなりますよね。

普段から体温を高めるために、1日に20分や30分でもよいので、走る習慣をつけてみてくださいね。

 

筋トレをする

続いて紹介する方法は体の中の筋肉を増やして熱を産生していく筋肉トレーニングです。

ダンベルを使ってもいいですし、腹筋をしていただいてもOKです。とにかく、自分の筋肉がつくような筋トレを行ってください。

筋肉をつけることがなぜ熱産生に効果的なのかというと、ミトコンドリアという人間の身体のエネルギーを生み出してくれる源の物質が生成されます。その結果、身体から熱を生み出しやすくするのです。

筋トレをする際の注意点なのですが、毎日筋トレをしてはいけません。

これをきくと「はっ?」って思われるかもしれません。少しでも筋肉をつけるなら、何度も鍛えた方がいいと考えられる方もいると思います。

そもそも筋肉は、筋トレで筋繊維というものが壊されて、修復される過程の中で少しずつ増ええます。しかし、毎日筋トレをしてしまうと、筋繊維が修復される前に、また、筋繊維が壊れてしまうので、結果的に、筋肉は修復されず減少します。

このようになると、筋トレをしているにも関わらず、筋肉がつかないということになりかねません。

また、修復をする過程で、たんぱく質がないと修復できないので、筋トレを行う前後にたんぱく質が豊富な食事をしっかりととっておくことが大切です。

 

身体を温める効果のある食べ物をとる

続いて、普段から体の冷えるような食材をとるのではなく、温まる食材をとるということ。

これについては、先ほど紹介しましたよね。

それらの食材をグリーンスムージーに入れてみるのもOKです。

普段から体温を高めるうえで、食事もとても重要ですが、できれば、以下のような食材を多くとってみてくださいね。

  • だいこん
  • かぶ
  • ごぼう
  • 白菜
  • 小松菜
  • ニンジン
  • キャベツ
  • ニンニク
  • とうがらし
  • カリフラワー
  • ブロッコリー
  • 春菊
  • 三つ葉
  • セリ
  • シソ
  • ショウガ

この中でも、特に、

  • しょうが
  • ニンニク
  • とうがらし

あたりは効果的です。

特にニンニクは、いろんな料理で生かすことが出来て活躍の幅も広いですからね。ただし、食べ過ぎると臭くなるので、その点は注意してくださいね。

 

まとめ

寒い冬に普段と同じような冷たいグリーンスムージーを飲んでいると、内臓冷えという最悪の状態に陥ってしまう可能性があります。

それを避けるために効果的なのが、ホットスムージーです。

おすすめのホットスムージーレシピを紹介したので、是非参考にしてみてくださいね。

 

寒い冬に読みたい記事はこちら

>> 冬に気をつけたいグリーンスムージーの飲み方

 

こちらの記事もよく読まれています

本サイトでは以下の記事もよく読まれています!この機会にチェックしてみてくださいね!

>> スムージーの中でもダントツ圧倒的人気ランキングを発表!

>> グリーンスムージーで免疫力アップしたい人のための食材4選

>> グリーンスムージーで風邪予防するならホットスムージーが効果的

>> IDEAのグリーンベリースムージーダイエットおすすめランキングを発表

>> 芸能人に人気のグリーンベリースムージーの販売店は?痩せない、お腹痛いの声が…

最後までご覧頂きありがとうございました。

当サイトでは管理人おすすめのグリーンスムージーをご紹介しています。

生活改善に繋がればSNSでシェアしていただけると有り難いです。

今モテ女子の間で話題のアイテム!!

コメントを残す