グリーンスムージー 健康被害 危険性

管理人のみどりです。

いつも当サイトをご覧頂きありがとうございます。

グリーンスムージーの危険性や健康被害

健康食品として今大人気のグリーンスムージー。

でも、逆に『グリーンスムージーって危険!』という噂も耳にします・・

果たしてこの噂は本当なのでしょうか?真相に迫ります。

 

グリーンスムージーが危険という声・口コミは?

グリーンスムージーの危険性や健康被害

それでは、グリーンスムージーのどのようなところが危険なのでしょうか?

危険という人の声をまとめていました。

グリーンスムージーが危険な主な原因と対策は?

それでは、ここまでの口コミを少しまとめたいと思います。

グリーンスムージーが危険といわれる理由は主に以下のようにわけられます。

 

冷たい状態で飲むとお腹が冷えて便秘になる

グリーンスムージーの危険性や健康被害は?

どうしても、朝早くに冷たい飲み物を飲んだ場合、お腹の調子を崩して便秘気味になることがあります。基本的には、水分ですので、冷蔵庫で冷えたものを飲んだ場合には、お腹を崩してしまいやすいのです。

このようなこともあり、危険といわれていることがあります。ですので、冷蔵庫から出した後、常温で少しおいてから飲むなどの対策が寒い時期などには必要になります。

 

ローソンなど市販のものに食品添加物が多数入っている

よくローソンなどで売っているものには、食品添加物が多数入っていて、結果的に栄養があまりとれないことがあります。グリーンスムージーなので、当然、野菜や果物も入っているでしょうが、コストを抑えるために、甘味料や香料等で味付けを行っていて、そもそも、野菜や果物をケチって商品を作っていることもあります。

実際に、スーパー等でオレンジジュースやリンゴジュースを見つけることがあると思いますが、たいてい、砂糖や甘味料、香料等で味付けしていて、本来のフルーツはわずかしか入っていないです。

そのようなこともあり、もしも、買うのであれば、食品添加物が極力少ない、かつ、口コミでダイエットに成功したなどのコメントがあるようなものを購入することがこのような危険を避けることが出来ますよ。

 

糖質が多いものをとった場合にはダイエットに逆効果になる

グリーンスムージーの危険性や健康被害は?

グリーンスムージーは健康によくて、ダイエットにつながるとはいえ、中の材料は野菜と果物です。もちろん、お菓子を直接食べるよりも体にいいことは確かですけれども、作る際に、糖質が多くなりすぎると、ダイエットには逆効果になりますよね。

キャベツやにんじん、みかんやバナナなど糖質が多い野菜や果物もあり、当然、そのような野菜や果物が多ければ、結果的に糖質をたくさんとることになり、運動をしなければ、消化しきれず、身体に身につくことがあります。

ですので、ダイエット目的で飲むにも関わらず、糖質が多いものを飲んでしまった場合は危険です。

 

農薬や菌類の問題は大丈夫?

続いて気になるのが農薬の問題ですよね。グリーンスムージーは生の野菜やフルーツをミキサーにかけて加熱せずに酵素を取り入れていくことになります。

それだけ、農薬が残留していることもありますし、いろんな有害物質がついていることがあります。

また、土壌にも菌類が付着している危険性が十分にあります。

基本的には、しっかりと洗って対策することが大切ですが、何より一番は無農薬の野菜を使うということ。ゆがいて、農薬を落とすという方法でもいいのですが、ミネラルやビタミンが流れ出てしまうので、あまりおすすめはできません。

とはいえ、基本的に国産の野菜やフルーツであればあまり神経質にならなくてもいいかと思います。というのも、害があるのであれば、普通は国が規制をかけることになりますよね。海外産のフルーツや野菜をかけるのであれば、気をつけるべきですが、基本的には、しっかりと検査したうえで安全なものを市場に出しています。

ですので、無理に心配しすぎないでもいいと思います。

 

硝酸態窒素の問題は大丈夫?

グリーンスムージーに使われている野菜には、硝酸態窒素が使われています。もともと、植物を成長させるための栄養素として使われるのですが、吸収されたときに、硝酸態窒素になります。

これは、実は危険で、発がん作用があったり、肝機能障害に繋がったりします。

とはいえ、このあたり研究者の間で、意見がわかれているみたいで、今のところはニュース沙汰になるような大きな問題は起きていません。

なので、そこまで気にする必要はないとは思いますが、気になるようであれば、一度お鍋で野菜を熱湯に入れてゆがきましょう。

 

好転反応によるリバインド

グリーンスムージーの危険性や健康被害は?

続いてよくあるのがファスティングをしたときに起きるリバインドです。ファスティングをすると、デトックス効果が現れることがよくあります。

これは、ガンなどの症状を玄米と海藻を中心とした食事療法で解決するときなどにも起きるのですが、人によって、その症状は様々です。

苦しみを伴うため、いけないことをしたのではないか?って思われるかもしれませんが、これは好転反応なので、そこまで心配しなくてOKです。

吹き出物や吐き気、熱というような形で初めは苦しむものの、それが終わったら、症状から解放されて、非常に楽な感覚になりますよ。

 

以上が考えられる危険性になります。

 

グリーンスムージーによる健康被害は?

グリーンスムージーの危険性や健康被害

 

グリーンスムージーを飲んでいる人の健康被害で一番多いのが下痢。

ただ、これはグリーンスムージーの効果というよりは飲みすぎが原因

適切な量を心がけましょう。

 

適切な量は人によって変わってきます。

ちょっと水でタプタプするな~と感じたら少し量を調節していきましょう。

特に寒い時期に、冷たい状態で飲むとお腹を崩す原因になるので注意してくださいね。

 

グリーンスムージーは危険?

それでは、グリーンスムージーは危険なのかですが、グリーンスムージーの何が危険と言われているかというと生野菜を使っている点。

特に、有機栽培で育てられたグリーンスムージーには害虫や細菌が残っていることも

 

さらに、一番気をつけて頂きたいのが硝酸素窒素という成分。

実はこれ発ガン性物質です。

 

葉野菜は栄養価が高いとして購入する方も多いですが、気をつけて調理しないと確かに危険性は残ります。

 

また、食品添加物も心配ですよね。

 

逆に言えば、ちゃんとした知識を身につけて調理すれば全く危険性は無いので安心してくださいね。

 

葉野菜は沸騰殺菌を心がける

グリーンスムージーにもよく使われる葉野菜のほうれん草や小松菜。

ポイントはしっかり沸騰殺菌をしておきましょう。

お酢をたっぷり入れた鍋に野菜を入れ沸騰させる。

その後、もう一度水で流し、葉を絞ることで健康に影響が出る成分を取り除くことができますよ

このような手順を踏めば特に問題なくグリーンスムージーとして飲むことができますよ。

 

ただし、沸騰殺菌をした場合、水にビタミンやミネラルも流れ出てしまいます。

なので、正直お勧めできる方法ではありません。

 

一番いいのは無農薬野菜をできるだけ使うこと!

グリーンスムージーの危険性や健康被害

やはり一番確実な方法は無農薬の野菜をそのままいただくことになります。

ただし、無農薬で育てた場合には、どうしても虫がついていたり、見た目が汚いことが多いです。

なので、そのあたり、どうすべきなのかは悩ましいですけれども、やはり、無農薬で育てられたものが一番いいので、基本は、無農薬、無添加の野菜を選ぶようにしましょう。

 

そうはいっても、ただ、いちいち無農薬の野菜を選んだり、葉野菜を沸騰殺菌させたり、どのくらいの量か測りながらやるのはちょっと面倒ですよね。

朝が忙しい主婦にとってはなおさらそんな時間はありません。

そこでおすすめしたいのがこちらのスムージー。

 

沸騰殺菌いらず簡単10秒で作れるグリーンスムージー

ミネラル酵素グリーンスムージー

 

こちらのスムージーは粉末タイプでシェイカーに水で溶かすだけで作れるので本当に10秒で作れちゃいます。

当然、面倒な沸騰殺菌なんていらないし、学校や会社の休み時間にもサクッと作れます。

まずは気軽にスムージーを試したい方はこちらからどうぞ。

>>ミネラル酵素グリーンスムージーの購入はこちら!

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ!

>> スムージーの中でもダントツ圧倒的人気ランキングを発表!

>> グリーンスムージーの知られざる5つの欠点・デメリットってなに!?

>> 実はグリーンスムージーダイエットにも副作用があったって知ってた?

>> 小松菜入りスムージーが危険という噂の真相が判明した

>> グリーンスムージーに小松菜は必須?その効果や効能の詳細

当サイトでは管理人おすすめのグリーンスムージーをご紹介しています。

SNSでいいねやRTしていただけると有難いです。

今モテ女子の間で話題のアイテム!!

コメントを残す