グリーンスムージーの保存方法!賞味期限ってどのくらい?

管理人のみどりです。

いつも当サイトをご覧頂きありがとうございます。

グリーンスムージーの保存方法!賞味期限ってどのくらい?

自分でグリーンスムージーを作ったものの、

『ついつい作りすぎちゃった。どうにか保存する方法はないかなぁ~』

と悩まれたりしていませんか?

 

冷凍保存するにしても、解凍する際、困りますよね。

そこで、ここでは、グリーンスムージーの保存方法!賞味期限ってどのくらい?について詳しく紹介していきます!

クリーンスムージーの保存方法が気になる方は必見です!

 

グリーンスムージーは作り置きってあまりよくないって言われているけど実際は?

グリーンスムージーの保存方法と賞味期限

グリーンスムージーに関しては、あまり自分で作って、冷蔵庫に置いておくのはよくないといわれています。

なぜならば、そのまま置いておくことで、酸化してしまい、品質が悪くなることがあるからです。普通にバナナの皮をむいた状態でバナナを放置すると黒ずみができますよね。また、りんごの場合も同様に色が変化してしまうことになります。

この原因は酸化が原因です。鉄もそのまま放置していると色が変わって汚い色になりますよね。

当然、この状態って、食べ物や飲み物にとってはよくないことで、栄養価がどんどんなくなり、ビタミンなどの栄養が消えていきます。

これは、仮に冷蔵庫に入れていても同じような現象が起きます。冷蔵庫にずっと入れっぱなしのお餅などにカビが生えたりすることもあります。

当然、自分の家で作った場合には、保存料のような添加物は入らないので、とてもヘルシーなのですけれども、その分、寿命は短いのです。

 

だからといって保存ができないということではない!

グリーンスムージーの保存方法と賞味期限

そうはいっても、絶対に保存ができないの?って言われると必ずしもそうではないようです。

もちろん、野菜の栄養をしっかりととろうとするのであれば、作ったその日に飲んでしまうのがいいに決まっています。そのほうが、酸化せずに、新鮮な状態で栄養をまるごと体に取り込むことが出来ますからね。

しかし、グリーンスムージーは完全に生となっているので、保存料や香料などの食品添加物が入っている市販で売られているようなジュースとは事情が変わってきます。

食品添加物が入っていないので、体には優しいものの、なかなか保存ができないのです。

しかし、必ずしも保存できないの?って言われると、そうでもありません。しっかりとした保存方法を守ることで、ある程度日持ちさせることが可能ですよ。

 

冷凍保存はできるの?

グリーンスムージーの保存方法と賞味期限

グリーンスムージーの保存をするために思い浮かぶのが、冷凍保存ですよね。

けれども、よく考えていただくと、冷凍すると、水分が多いということもあり、ガチガチに凍ってしまって飲むことが出来なくなります。

自然解凍するとなると、かなりの時間がかかってしまいますし、電子レンジに入れた場合には、電磁波で酵素の中のビタミンなどのミネラルが壊されてしまいます。

ということもあって、グリーンスムージーの冷凍は、朝が忙しいという社会人の方にはあまりおすすめできません。

なのですが、ここで紹介する方法を試していただくと、忙しい朝であったとしても、時間をかけないで飲むことが出来るようになると思いますよ。

 

グリーンスムージーの正しい冷凍の方法と解凍方法は?

まず、グリーンスムージーを製氷皿に入れて、凍ったところでフリーザーバッグに移し替えて、しっかりと空気を抜いて再び冷凍保存してください。

あるいは、1回分程度をフリーザーバッグに入れてしっかりと空気を抜いて冷凍するのです。

そして、解凍するときには、50度くらいにしているお湯の中にフリーザーパックごと入れて湯煎じしてください。

ちなみに、この際に、60度や70度と非常に高い熱湯でフリーザーパックの解凍を行った場合には、酵素が壊れてしまうことがありますので、高くても50度程度で止めておくことが大切です。

この方法を使うと冷凍することにより、酸化ずることも防げますし、湯煎するだけで、短時間で解凍することが出来るようになるのです。

なお、ミキサーに入れる前の野菜や果物についても冷凍で保存できます。

洗うものはしっかりと洗って、皮がある場合には、しっかりとむき、ミキサーにかけやすい一口程度の大きさに切り分けて、フリーザーバッグに入れて、空気を抜いておきましょう。

 

グリーンスムージーの賞味期限は?

グリーンスムージーの賞味期限ですが、冷蔵保存か冷凍保存かで変わってきます。

 

冷蔵保存の場合

2~3日程度の保存は可能です。

ただし、1日も経つと極端に味が落ちてしまいます。

本当に美味しく飲みたいのであれば数時間以内に飲むこと。

もちろん作りたてを飲むのが一番おすすめです。

 

冷凍保存の場合

2週間程度の保存は可能。

ただ、冷凍保存は時間が経つにつれ冷凍やけを起こし味がどんどん落ちてしまいます。

なるべく早めに飲んだほうが美味しく飲むことができますよ。

 

ちなみに、賞味期限は開封前のものです。

要するに、グリーンスムージーの後ろに書いてある賞味期限は、開封する前のものなので、一回、開封したら、できる限り早く飲む必要があります!

なので、開封をしたら、できる限り早くに飲み切るようにしてくださいね。

 

あと、高温多湿の場所で保存をするとなると、細菌が繁殖して、品質が悪くなりますので、特に梅雨や夏場には気をつけてください。

 

グリーンスムージーおすすめの保存方法は?

先ほども言った通り、グリーンスムージーは冷蔵でも冷凍でも保存はできます。

ただし、冷凍保存はあまりおすすめできません。

 

冷凍してしまうとカチカチに凍ってしまうため解凍が大変です。

電子レンジで解凍してしまうと、せっかくの酵素が分解してしまいます。

かと言って、自然解凍を待つのもなかなか大変。

なかなか作る時間が無くて作り置き前提の人以外は冷凍保存は避けましょう。

 

冷蔵保存をする場合はラップをかけて冷蔵庫に入れるという方法でOK。

長時間置いておくと、中身が分離してしまいますがスプーンなどでかき混ぜれば元に戻るのでご安心を。

ただ、先ほども言いましたが保存はできても味自体はどんどん悪くなってしまいます。

 

私からの一番のおすすめは保存しないで作りたてを飲むこと。

当サイトで紹介しているグリーンスムージーであれば忙しい朝でも簡単に作ることができるので是非お試しあれ。

>>忙しい朝でも楽々グリーンスムージー購入はこちらから

 

なるべく長持ちさせる方法は無いの?

グリーンスムージーの保存方法!賞味期限ってどのくらい?

酸化を防ぐための方法はないのか?

それでは、酸化を防ぐための方法って存在しないのでしょうか?

 

スムージーを作る時の定番が

  • 小松菜
  • バナナ
  • リンゴ
  • オレンジ

ですが、ここらへんはどうしても酸化が進みやすいです。

そんな酸化を食い止める方法はないのでしょうか?

 

酸化を防ぐためにおすすめなのがレモン

ビタミンCを多く含む食べ物は酸化を防いでくれる効果があります。

レモンを入れるのが大変というような場合には、市販の容器に入ったレモン汁でもいいですし、食品用のクエン酸などを使用してもOKです。

 

また、真空ミキサーを使うのもおすすめ。

あと、酸化はミキサーにかける際に、野菜や果物がどんどん細くなって、より空気と触れる面が大きくなったり、あるいは、ミキサーのスクリューで空気が中に入ることも原因になるので、中に入っている空気を取り除くことで、酸化を防ぐことが可能です。

普通のミキサーの場合は、難しいのですが、真空ミキサーを使った場合には、24時間経過しても、作り立てのような味を楽しむことが可能になりますよ。

 

いかがでしたか?

グリーンスムージーの保存方法をご紹介させていただきたましたが、一番のおすすめは作りたてを飲むこと。

自分で一から作ると少し手間がかかりますが、当サイトのグリーンスムージーであれば簡単に作ることができるのでお試しください。

>>楽々作れるグリーンスムージーはこちら

 

まとめ

グリーンスムージーの保存方法と賞味期限

グリーンスムージーは一回作ると、真空ミキサーで作らないのであれば、作ったら即飲んでしまったほうがいいです。

やっぱり、ビタミンなどが崩れてしまう前に、栄養をしっかりと摂取してしまいたいですからね。数時間もしたらすぐに酸化しはじめてしまうので、味もどんどん落ちてしまいます。

少しでも長くグリーンスムージーを持たせたいというような場合には、レモンなどのように、たっぷりとビタミンCが含まれているものであったり、クエン酸を使うことで、それなりに酸化を防ぐことが出来ます。

このような方法で保存性がだいぶんアップしますので、もしも保存するなら考えてみてください。

そうはいっても、冷蔵保存の場合は2~3日程度、冷凍保存の場合は2週間程度の保存しかできません。それ以上してしまうと、どんどん鮮度が落ちてしまい、栄養も失われてしまうので、注意してくださいね。

冷凍保存するのであれば、以下のような保存方法と解凍方法がおすすめです。

保存方法

グリーンスムージーを製氷皿に入れて、凍ったところでフリーザーバッグに移し替えて、しっかりと空気を抜いて再び冷凍保存する or 1回分程度をフリーザーバッグに入れてしっかりと空気を抜いて冷凍する

解凍方法

解凍するときには、50度くらいにしているお湯の中にフリーザーパックごと入れて湯煎

※60度や70度と非常に高い熱湯でフリーザーパックの解凍を行った場合には、酵素が壊れてしまうことがありますので、高くても50度程度で止めておくことが大切です。

 

以上がまとめになります。

ということで、グリーンスムージーの保存方法!賞味期限ってどのくらい?についてでした。

最後までご覧頂きありがとうございました。

 

こちらの記事もおすすめ!

>> グリーンスムージーを持ち運び&持ち歩きに便利な保存容器はコレ

>> グリーンスムージー作り置きは要注意、効果が薄れてる可能性大

>> グリーンスムージーは飲むタイミングが最も重要!?効果的なのはいつ?

>> ミネラル酵素グリーンスムージーはまずい?美味しくない飲み方例

>> グリーンスムージーに絶対に使ってはいけない野菜8選

 

当サイトでは管理人おすすめのグリーンスムージーをご紹介しています。

お役立ちになればSNSでどんどん拡散して頂ければ幸いです。

今モテ女子の間で話題のアイテム!!

コメントを残す